Serafim Tech

よくあるご質問

Q、日本語版の取扱説明書はありますか?

A: はい、日本語の取説書はこちらからダウンロードしてくださいませ。

http://serafim-tech.com/ja/serafim-keybo-ja/user-manual.html


Q、商品の同梱品USBケーブルはどこにあるでしょうか?

A: USBケーブルは箱の底面に入っております。


Q、ATOK日本語入力システムに対応していますか?

A: それを対応しておりません。


Q、Fnキーはどこにあるでしょうか?

A: Fnキーは投影されたキーボード右端にあるAltキーになりました。


Q、F1~F12というキーはどこにあるでしょうか?

A: F1~F12キーとはキーボードの上端にございます。


Q、キーを押した時になる操作音が消せますか?

A: キー操作音の消し方法は、投影されたキーボードの右端にあるAltキーをタップしながら、Vキーを連打でタップすると、操作音を消音することができます。


Q、記号はキーボード上の物と違って出てきます。

A: iPadやiPhoneをご利用した場合、投影されたキーボードの右端にあるAltキーをタップしながら、Qキーをタップすると、入力モードが切り替えます。入力モードを転換した後、再度試みてくださいませ。


Q、ソニー、AsusなどAndroid系スマホ・タブレットで日本語が入力できません。

A: 日本語入力できない状態の対処法は下記の通りです。

  1. 「Google 日本語入力」というアプリをインストールします。
  2. スマホ本体設定を起動します。
  3. ユーザー設定の中から「言語と入力」をタップします。
  4. 次に「キーボードと入力方法」の項目から、「現在の入力方法」をタップします
  5. メニューが表示される「Google日本語入力」を選択します
  6. Serafim Keyboにて入力してみてください。

Q、競合商品と比べてSerafim Keyboの特徴は?

A: これまでの製品はカメラで指の動きを認識するため、認識処理の速さが低下する可能性があります。Serafim Keyboには二つの赤外線センサーを採用し認識速度を高めることだけでなく、省電力性を兼ね備えています。


Q、この製品はどこで製造されましたか?

A: 開発から生産まで台湾で行われます。


Q、すでに取得済みの技適・認証・安全確認テストはありますか?

A: はい。IEC60825、Telecomなど必要な認証を取得済みです。


Q、Serafim KeyboのSDKについて、どんな機能を提供していますか?

A: 現行のSDKは開発されたアプリを立ち上げると、Serafim Keyboにより映し出されたキーボードはタッチスクリーンのような操作ができます。例えば、タップ、ダブルタップ、回転、ドラッグ、長押しなどの機能をSerafim Keyboに対応しています。


Q、そのSDKはどのスマホ・タブレットをサポートしますか?

A: そのSDKの対応機種はiOSとAndroidです。


Q、Serafim Keyboとの接続方法は?

A: スマホやタブレットはBluetooth経由で接続します。パソコン(Windows、Mac、Linux)はBluetoothまたはUSB経由両方で接続できます。


Q、お昼時間に使う場合、投影したキーボードの明るさは十分ですか?

A: お昼は室内でのご利用をお勧めいたします。室内であれば問題なく投影されます。


Q、LineのメッセージをEnterキーで送信できますか?

A: スマホやタブレットでLineのメッセージを送信する場合、Line内の「設定」→「トーク・通話」→「Enterキーで送信」をオンにすれば送信できます。


Q、文字入力時に、Serafim Keybo自体から出るの効果音を調整できますか?

A: はい。Altキー+Vで音量を調整することができます。


Q、入力言語の切り替えはどのように変更できますか?

A: iPhone・iPad・Macを利用している方は、右端のAltキー+Spaceキーで言語が切り替えます。Androidで使用する場合は機種によって異なります。詳しくは下記をご覧ください

  • ソニーの場合: Shift
  • Samsungの場合: Shift+Space
  • htcの場合: Shift+Ctrl
  • Asusの場合: Ctrl+Space

Q、Serafim Keyboのピアノ・モードで認識できる指先は何本までですか?

A: ピアノ・モードで最大、3本の指で同時にタップすることができます。


Q、楽器を演奏するときに、入力遅延はありませんか?

A: 高性能なチップ(フレームレート: 90fps)が搭載されているので、タイムラグがほとんどありません。


Q、楽器を切り替える時に、ピアノ配列も転換できますか?

A: 楽器を変更すると、キーボードの配列はそのままで、音色だけ変わります。


Q、ピアノ・モードは他の演奏アプリもサポートしますか?

A: 現状は専用アプリ、Serafim Keybo appのみ、ピアノ・モードに切り替えます。今後、サードパーティーの楽器演奏アプリに対応予定です。


Q、Serafim Keybo appは録音機能を付きますか?

A: その機能は後日追加予定です。録音ファイル形式はmp3です。


Q、緑色レーザーがありますか?

A: 現行製品は赤色レーザーのみです。緑色のは検討中です。

 

お問合せ

アドレス : 6F., No.6, Aly. 9, Ln. 45, Baoxing Rd., Xindian Dist.,
New Taipei City 231, Taiwan (R.O.C.)
電話 : +886-2-8914-6680 ext 808
ファックス : +886-2-8914-6027

SNSと繋がる

 

Facebookでフォローしよう

Twitterでフォローしよう

Instagramでフォローしよう

YouTubeでフォローしよう

RSS Feeds

 

製品購入